FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月の夜更けに

2013.06.23 16:29|空っ
月とゴースト

♪ 雨降りお月さん(胡弓)


幼い頃、祖母が「あ~、お月様が傘かぶってるから、明日は雨だね。」
って言った事がありました。

私は、すぐに「傘ってなぁに?」って聞けばいいものを、
(いったいどこがどんな風に傘なのか)と、
じーっと見ることに夢中で、質問する事なんて
まるで思いつきもしませんでしたが。
(本当の傘であれば、やっぱり、お月様の頭の上になければいけないわけですし 笑)



月の輪っかの出る、静かな夜でした。









「雨降りお月さん」 野口雨情



雨降りお月さん 雲の蔭
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
ひとりで傘(からかさ) さしてゆく



窓辺から




傘(からかさ)ないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴付けた
お馬にゆられて 濡れてゆく




月とケーブル




いそがにゃお馬よ 夜が明けよ
手綱(たづな)の下から ちょいと見たりゃ
お袖でお顔を 隠してる




水無月の夜更け




お袖は濡れても 干しゃ乾く
雨降りお月さん 雲の蔭
お馬にゆられて 濡れてゆく






*      *       *       *






祖母は、若い頃の話だと思いますが、お琴をやっていた人で、私が生まれる前に亡くなっていた祖父は、
尺八や観世流の能の謡(うたい)もしていたようです。
「雨降りお月さん」は、祖母が色々歌って聞かせてくれる曲の一つでした。


私が絵を描いてると、「芸は身を助けるっていうんだよ。」って、時々こそっと
言う事があったのですが、和裁・洋裁・按摩にお灸も出来るお婆ちゃんなら(実際に助かったり、
助けた話もあったので)分かるのですが、絵を描く事が自分の身を助けるだなんて、
まったく信じられない話でした(笑)



Atsushiさんの選曲 
♪ Pat Martino - We'll Be Together Again

スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

Comment

こんにちは。

ご訪問、ありがとうございます。

Macユーザー時代が、ついつい懐かしく
なってしまいまして…(笑)
(…ちなみに、ソニーのテレビのリモコンの
電源ボタンを押すと、PC7300が
「じゃ~ん♪」と起動するのがとても
面倒でした。。)


私の方も、またブログに伺わせて頂きますので
よろしくお願いします。 (=^ェ^=)



こんばんは

うめじろうです。
ご訪問とコメント、ありがとうございます。
素晴らしいお写真と散文、拝見しました。
とても素敵なブログですね。

また寄らせて頂きたいと思います。(*^.^*)

またしても、救われました。。。

ネットストカーではないのですが、それに近い事を
されて困惑していてどう対応するべきなのか…もやもやと
悩んでました。(まったく面識のない人ではないので
やっかいでしたし、今回は、もうこれ以上は怖いな、と感じて
いました。)
でも、涼さんのコメントを見た瞬間に、また心に春風が吹きましたぁー
で、気持ちも吹っ切れました。

…また、助けられました。

涼さんのブログに唐傘が写ってたのにも、本当に驚きました。
奇遇ですね。 (=^ェ^=)

「雨降りお月さん」、実は曲名も知りませんでしたし、音楽の
教科書にも、それとは別に配られていた歌の本にも出てくることが
なかったのです。いつ頃の曲なのかも知りたかったんです。
8年ほど前に、この曲がオルゴールの音で流れていたので驚きました。
再会した…という気持ちでした。
歌詞もとても好きだったのですが、野口雨情だと分かり納得しました。
「お袖は濡れても干しゃ乾く」っていうのも、とてもポジティブで
好きです。鈴の音の表現も美しさを盛り上げてくれますし、とても
優しい気持ちがこもった詩ですよね。

こちらは梅雨なのにあまり雨が降らないので、ちょっと色々と心配です。
(野菜の価格だって上がりますし 笑)
今日は、ゲリラ豪雨という感じで、少しの間だけなんとか降りました。


インドでは例年ほど気温が上がらない状態だったそうですが、大洪水が
起こってしまい、被害状況もとても深刻なようですね。

空も、海や川も繋がっていて、どこかで起こった事が、全く離れたどこかに影響を
及ぼしてしまいますから…それもまた、心配です。



No title

「雨降りお月さん」も、唐傘も、私には思い出深いもの。
なぁんて言ったら、すっかり歳がバレちゃうね。

傘を被っていたら「雨かな…」と思いながら寝ることも。
必ず雨になるとも限らないけど、雨になることのほうが多いような気がしますね。

そろそろ「雨降りお月さん」になって欲しい当地なのですが。
毎日が灼熱の太陽も飽きてきましたよ。

こんばんは。

叙情歌っていわれるものは、やはりしっかりと
守っていかなければならないものだと思います。
元々日本人が持っていた、美意識、美徳、繊細な
感覚を呼び戻す力があります。

つい最近、テレビで教科書から「荒城の月」が消えるかも
しれないという話をしていました。理由は「分かりづらい
から」だそうです。(その為に教師がいるというのに。。)


じつは、祖母はこの曲を歌うときには、軽く手拍子を打って
(歌もちょっとはねてました)歌ってたんですよ。
胡弓自体も郷愁を誘う音色なのですが、ちょっとゆったり
してしまうので、またイメージがちょっと違うのですが。


色々お話ししましたが、実は写真と合ってなくても曲を紹介したくて
無理やり入れる時もあるんです(笑)

たしかに、こちらの方が合っていると思います。

しかも夜中に聴くのにもってこいの曲です。(=^ェ^=)

雨降りお月さん

「雨降りお月さん」という歌が、
もしかしたらはじめて聴くかもしれないのに、
忘れていた何かを思い出させてくれたような気がします。
ちなみに私がこの写真を見て思い浮かんだのはこんな曲でした。
(というよりも、実を言えばこの写真を見てたときに
 流れていたのがたまたまコレだったのです。)

https://www.youtube.com/watch?v=qBJPruIGkrU

We'll be Together Again
非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

kamie*

Author:kamie*
(´・ω・`)
散歩しながら写真を撮ってます。ほとんどが近所で撮ったものです。
遠く離れたところに行かなくても、身近な生活の中に、探し出せば美しい光景がある…という事を知ってほしいからです。
どんな地域に住んでいても、カメラの眼があれば発見する楽しさがあります。

長い間患っていた脳脊髄液減少症は、ほぼ治って元の状態に戻ってきました。
髄液漏れが治っても、症状が残っている…という方もおられるとは思いますが、諦めずにいきましょう。
(*´ω`*)

FC2カウンター

月と星と妖精

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。